高野山別格本山 一乗院
一乗院 副住職 佐伯公応法話集
トップページ > 一乗院について > 宝物紹介 > 十一面・光華観音菩薩像

一乗院 副住職 佐伯公応法話集

十一面観音菩薩ならびに光華観音菩薩像をお迎え

2014年6月24日に入仏開眼法会を執行

法話写真 法話写真

この度、尊い仏縁に依りまして、「昭和の快慶」と評された大仏師、故松久宗琳氏の手により彫仏された、十一面観音菩薩立像、光華観音菩薩像を当院本堂へお迎えする運びとなりました。

また、ご尊像をお迎えするに当たり、奉安処を調える事となり、これを機に両尊像の天井を色とりどりの花絵にてお飾りし、供養の一助とさせていただこうと発願いたしました。この天井絵は、宗琳氏の意志を継いで、京都を中心に仏師として活躍されております松久佳遊氏によるもので、総計百三枚によって構成されます。その一枚一枚は、当院篤信の皆様によってご寄進いただきました。

法話写真

すべての準備が調い、去る2014年6月24日午前9時30分より住職導師のもと、法友知己の僧侶並びに天井会ご寄進の方々を招いて、「十一面・光華両観音入仏開眼法会」を厳修致しました。この法会は、「小法経立・庭儀法要附中曲理趣三昧」と呼ばれる、非常に丁寧な法式にて執り行われました。さわやかな初夏の空の下、本堂へ向かってお練り行列がなされ、庭讃が声高らかにお唱えされた後、僧侶の一行は信者様にお迎えされて、堂内へ着座します。脇堂では、御導師の作法に合わせ、不動護摩が粛々と修法されます。僧侶による厳かな聲明の響き、美しく舞う散華…まさしく、両観音尊をお迎えするに、ふさわしい法会となりました。山内の一寺院で、「小法経立・庭儀法要附中曲理趣三昧」のような規模の法会を執り行うことは稀になりました。当院の歴史にとって、重要な一日となった事は言うまでもありません。

法話写真

法会が終わり、引き続いて本堂内で式典が執り行われました。式典では、両観音尊のご入仏の縁をたまわり、かつ、ご寄進いただいた天井絵の製作一切をお引き受けいただきました、松久宗林仏所所長・松久佳遊氏ならびに松宗院截金代表・松久真や氏、両観音尊御奉安処の工事をお引き受けいただいた大彦組社長・辻本喜彦氏へ住職より感謝状と記念品が手渡されました。


十一面観音菩薩様は、本堂向かって左奥、光華観音菩薩様は本堂向かって右奥に、両尊向かい合って御奉安させていただいております。

法話写真

ご参拝の折は、是非両尊へお詣り下さり、華やかに荘厳され天井絵もあわせてご覧頂きます様、心よりお勧め申し上げます。

合 掌


宝物紹介「仏像一覧」へ

トップページ > 一乗院 副住職 佐伯公応法話集 > 過去の法話:2003年 > 法話