高野山別格本山 一乗院
院内のご案内
トップページ > 院内のご案内 > 上段之間

メインの本文はここからです

院内のご案内 上段間

上段之間

 豪華絢爛なふすまに囲まれたたこのお部屋は、上段之間(じょうだんのま)と申します。昔は大名家が藩ごとに宿坊を持っていましたので、大名が泊まるための立派な上段之間が設けられ、大名のお泊まりがない時は、寺院の重要儀式などが執り行われました。

 襖絵は江戸時代狩野派の絵師である狩野探斎によって描かれました。手前の部屋は「角の間」と称し、襖絵は同じく狩野探斎の筆によるものです。

 



 ※ 写真をクリックすると、大きな画像で見る事が出来ます。


前へ  次へ

このページの先頭へ戻る

このページは以上です。

 

トップページ > 院内のご案内 > 上段之間